コレを待ってた。SONY WH-1000XM4 サイレントホワイト フォトレビュー。

コレを待ってた。SONY WH-1000XM4 サイレントホワイト フォトレビュー。

やっぱり「白」なんだよね。

一人暮らしだった頃は音楽も動画もスピーカーで垂れ流しても文句は言われなかったのですが、今住む実家ではそうはいきません。深夜作業する時とかのお供としてスピーカーで垂れ流すと普通に怒られます。というか怒られた。

そんなわけで今回は対策としてちょっとお高めのワイヤレスヘッドホンを購入してみました。これがまたデザインも良くて…音も良い(と思う)

ヘッドホンやイヤホンのレビューといえば音質がどうのこうのと言及すべきだとは思うのですが、私自身バカ耳で他の機器との違いがあんまりわからないので今回そのあたりはなしでフォトレビューとしてよろしくお願いします。(音質については多くのメディアや個人の方がレビューしていると思うのでそちらを見てみてください)



SONY WH-1000XM4 サイレントホワイト

某ゲームの影響でサイレンスホワイトって言いたくなる

白い。白いだけで嬉しくなっちゃう。

もともとちょっと欲しいなと思っていた「名機」と名高いSONYのWH-1000XM4。購入に踏み切れなかったのは理由はそのカラーバリエーション。通常色としてブラックとプラチナシルバー(といいつつなんかベージュっぽい)の2色展開だったのですが、正直どちらも好みの色ではありませんでした。ところが2021年4月に「限定色として真っ白モデル、サイレントホワイトが出ますよ〜」とアナウンスがあり「それなら」ということで即予約&購入してしまいました。

通常のブラックとプラチナシルバーは実売37000円前後ですが、今回購入したサイレントホワイトは限定ということもあり49000円前後で販売されています。高いけど好みでデザインのためだと思えば惜しくないぜ。

名前より大きい「LIMITED EDITION」

外箱や付属品も真っ白。徹底されています。外出先で使ったり有線で使う予定もないので付属品を使うこともありませんが…。汚れやすそうなのですぐしまっちゃいました。

個人的に先代と見分けがつかないのですがバンド部分に機種名が
左耳のパッド部分にNFCマーク。対応した機器とペアリングさせるときに使うらしい。

端子やボタン類はこんな感じ。充電端子はUSB-C。有線接続もできるのでジャック穴もあります。ボタンは電源ボタン(ペアリングも兼ねる)とカスタムボタンがあり、カスタムボタンはノイズキャンセリングの最適化等複数の機能があります。(アプリ側で設定できるので使ったことがない)

SONYロゴの下にある穴をはじめ多くのマイクが配置されているらしく、通話や外音取り込みの品質を高めているらしいです。

左耳のパッドの中には黒い窪み。これは「ヘッドホン装着してるかセンサー」らしく、音楽を聴いてる時や動画視聴中にヘッドホンを外すとそれを認識して音楽や動画を止めたりとちょっとした便利機能に使われています。最近のワイヤレスイヤホンは大体できそうな機能ですがこういうちょっとした利便性もしっかり対応していてGood。

こうして写真を並べてみるとやっぱりかっこいい。なんでいきなり真っ白モデルを出すことにしたのかは不明ですが少し高くてもやっぱり買ってよかったなと思います。


使用感①:ヘッドホン側でいろいろ操作できるのがGood

写真だけ並べて終わりというのもちょっと寂しいので2週間程度使ってみた感想を。

まず操作についてですが、ヘッドホン側で再生/停止だけでなく音量の調整も出来るのが嬉しい。イヤホンは王道を征くAirPods Proを使っているのですが音量調整ができないんですよね。そういうこともあって音量調整ができるのはGoodでした。サイズが大きいので当然といえば当然なのですが。

使用感②:マルチポイント接続が便利

マルチポイント接続って知ってますか?ヘッドホン/イヤホンを複数機器に接続できるだけでなく、「今この機器が音楽/動画流してるな」ということをヘッドホン/イヤホン側が認識して自動で接続切替してくれるというもの。(WH-1000XM4は2つの機器までマルチポイント登録できます)

マルチポイント非対応のものであれば接続機器を変える時にいちいち「設定画面を開いて接続しなおして〜」としなければいけないのですが、その手間がなくなります。最高。

使用感③:装着感がドンピシャ

長時間つけてても耳や頭が痛くならない快適さ。

私は結構ヘッドホンをつけてると耳に痛みを感じやすいタイプなのですが、WH-1000XM4は締め付けやパッドの柔らかさが良い感じなのかそれをあんまり感じません。流石に6時間とか超時間つけてると痛くなりますが。3,4時間程度なら平気です。



もう手放せない作業のオトモ

ホワイトマンじゃん

一言で言うと、超気に入ってます。デザインも操作感も装着感もGooood。

音についてはよくわからないのですが、AirPods Proよりは良いのかな?と思います。なんか音の聞き分けがしやすいというか「あーこの曲のコーラスってこんなハモリだったんだ」とか感じることが多い。

会社のWeb会議でも使っていますが人の声も聞き取りやすいのでリモートワークにもオススメ。ノイズキャンセリングもつよつよなので近所で工事があっても不便なく使えます。でもやっぱりブログ書いたり写真現像したりお絵描きしてる時の趣味作業が楽しくなったことが一番買ってよかったと思った部分です。

ホワイト目当ての方はちょっとお高くなってしまいますが、そうでない方は意外と安い価格で買えるのでリモートワークやそれ以外のおうち時間を充実させるアイテムとして検討してみてはいかがでしょうか。

iPad Proを買って白くした話。
実はiPad Proは毎モデル買い換えています。今回の2021年モデルも例にもれず買い換えました。 我ながらiPadで大したことはしていないので、スペック的には…
www.hnkkznkk.com
白いiPadの話はこちら