「iPhone 12 mini買いました。」と「なぜminiなのか」

「iPhone 12 mini買いました。」と「なぜminiなのか」

2020年11月14日
ガジェット

2020年10月、ついにiPhoneの2020年モデル「iPhone 12シリーズ」4機種が発表されました。

まず10月23日にスタンダードな大きさのiPhone 12、iPhone 12 Pro(6.1インチ)が発売され、
11月13日にiPhone 12の機能をそのままにサイズを小さくしたiPhone 12 mini(5.4インチ)と
iPhone 12 Proのカメラ機能を強化し、サイズも大きくしたiPhone 12 Pro Max(6.7インチ)が発売されました。

今回私はその中でも一番小さなiPhone 12 miniをしばらく使い込んでいくことに決めましたので、箱を開けてみての所感を書いていこうと思います。

実はiPhone 12とiPhone 12 Proも購入していたのですが既に手放しています。
なぜその2つではなくminiにしたのかもお伝えできれば。

詳細なスペックを知りたい方はAppleさん公式までお願いします。



箱の開封

パッケージにはiPhoneの写真が。Pixelもそうでしたが写真があるとワクワクできるのでいいですよね。

そしてパッケージを開けるといきなり本体とご対面。ディスプレイがあるフロント側ではなく、カメラやAppleマークがあるリア側が現れるのは個人的に「来た〜!」という感じがして好きです。

めちゃ薄

iPhone 12シリーズよりエコロジーの観点から(ほんとぉ?)充電器やイヤホンが付属しなくなった為
パッケージもそれに合わせてとても薄くなりました。

個人的にはパッケージが大きいほうが所有感があったので少し物足りない感じがします。
(付属品はあったとしても使わないのですが…)

紙類は上から安全に関する書類、SIMピン、Appleステッカー

ちなみに付属品はこちらの通り。

ケーブルは「USB-C to Lightning」となっています。
発売前の噂ではケーブルがメッシュ状の耐久性のあるものになると言われていましたが、蓋を開けてみればいつも通りのケーブルでした。


デザイン

少し赤みが入っている白のような…気がする

今回私はホワイトを選択しました。基本的に白いガジェットが好きなのです。

背面にはカメラユニットとAppleマーク。素材はガラスで光沢仕上げになっているので光をよく反射します。
Proのようなマットな磨りガラスの方が高級感があるのですが、それはProユーザーだけが持つことができるハイグレードです。我慢しましょう。

また、今シリーズはフレーム部分がカクカク垂直になっておりメカニカルな感じになっています。
手とのフィット感はラウンドの丸みがある方が良いと思いますが、カクカクでも角が引っかかってくれるので持ちにくいということはないです。

あとこちらのほうがかっこよくて好きです。

カメラユニットは昨今のハイエンドスマホの中では比較的抑えめになっていると思います。
背面は基本的に光沢仕上げですがカメラユニットのみはマットな感じになっています。

レンズのサファイアガラスを出っ張らせる(黒いフチの部分)のはできればやめてほしいなと思います。
ガラスが頑丈な分、他のモノと擦れるとすぐ傷つけるんですよコイツ…

デザイン的には立体感が出て見た目が引き締まるので難しいところですね…傷が怖い方は大人しくケースをつけましょう。

美しいベゼルだぁ…

均等なベゼル。素晴らしいですね。

ノッチについては賛否両論あると思いますが、使い心地としてはすぐに慣れます。

デザインとしても嫌いではありません。一昔前のホームボタンのように一目見て「iPhoneだ」と分かるアイコンのような役割にもなっているので安心感があります。

左:iPhone 12 mini 右:Pixel5

…🤔

やっぱりノッチはもう少しくらい小さくなってくれてもいいよ!

右側面
左側面
上部
下部

前述の通りフレーム部分がこれまでの丸みを帯びたラウンド状から、カクカク垂直なものになりました。
iPhone 5、5s、初代SEを思い出しますね。かっこいい。

素材についてはProシリーズがステンレスなのに対して、12/12 miniはアルミになっています。
本体カラーに合わせてフレームの色も違うのですが、今回選んだホワイトは色や仕上げのせいか「真鍮なのでは?」と思ってしまいそうな程高級感があります。

今回のカラーバリエーションはポップなカラーリングでどれも良さげでしたが、ホワイトを選んでよかったなと思います。
写真と実物では意外と印象が変わるので、「なるべく早く欲しい!」という方以外は家電量販店等で実物を見てみることをおすすめします。



なぜminiを選んだか

これについては結論からお話しすると「小ささ」と「軽さ」です。

生体認証がFaceIDによる顔認証しかないiPhone 12シリーズはマスク生活と非常に相性が悪いです。
その為、私がiPhone 12やiPhone 12 Proを購入した後も「iPhone使うぞ!」と強く意識しない限りは自然と指紋認証があるPixel5に手が伸びてしまいました。

「それならiPhone自体いらなくない?」と思ってしまいますが、そうはなりません。

ここでApple watchという存在が出てきます。コレを使用する人たちにとってiPhoneは必須です。

メインでは使わないけどApple watchの母艦としては必要。
であればなるべく「小さくて」「軽い」方がいいよね!ということで私はiPhone 12 miniを使っていくことに決めました。

Xperia XZ1 compactとの比較

スマホの大型化が顕著な今日このごろ、3年前のコンパクトスマホとほぼ同じ大きさのスマホ(しかもハイエンド)が出るとは世の中わからないものです。
選択肢が多いことは良いことなので是非次期モデル以降も出し続けてほしいですね。

マスクから解き放たれた未来(来年…?再来年…?)でもminiを選ぶかはわかりませんが、少なくとも今回のminiはApple watchとともに私に寄り添ってくれるスマートフォンになってくれると思います!

大体1年くらい、よろしくお願いします。